寝る時にちょっと工夫しただけで睡眠の質が改善しました。

Uncategorized

40代をすぎてから、どうにもこうにもいくら寝ても睡眠が足りないような感じがして非常に困った状態になりました。しばらくしてそういう状態を何度か繰り返すうちに50代になるとますます睡眠の質が悪くなって、深い睡眠はとれず悪夢ばかりみて途中で何回か起きて2度寝3度寝を繰り返すうちにまた悪夢を見るといった状況が続いたので、これではいけないという事で原因を追究したのです。

考えた結果、以前と変わったことで30代までは就寝1時間位に入浴していたのに今はお風呂はすぐ入ってそれからテレビを見てネットで作業をやるといった違いがあると思い、以前のように寝る前にはあまりパソコン等をいじらないようにしました。

他には、寝る前にテレビをみながらそして寝る前に電気がつけっぱなしだったわけですが、以前のように電気を消して真っ暗にする事を心掛けるとそれだけで、効果があったのか悪夢を見る回数が減り、朝の不快感が完全に消えたわけではないのですが以前のように起きてもまだ眠くだるいというのは少なくなったのです。どうしても寝苦しいときは、静かな音楽のCDを流すというのも効果があります。

CDで繰り返しをしないとちょうど1時間位の長さなので聞き終わった頃にはちょうど眠りにつくことができますが、ボリュームは聞こえるか聞こえないかの状態が良いようです。

関連記事:お風呂につかり、汗を流す

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Uncategorized
蜂蜜と生姜のドリンクで季節を通して風邪を引かない体を作る

冬に限らず、季節の変わり目や体質によって風邪を引きやすい方は多いのではないでしょうか。 仕事の納期が …

Uncategorized
めざせ!冷え性改善!のために行っていること

冬になると特に筋肉量の少ない女性は、冷え性に悩まされている人が多いと思います。 しかし寒くて、家にひ …

Uncategorized
米酢で健康生活♪激痛といわれる腎臓結石を防げ!

健康に良いとされ、何かと注目を浴びているお酢。 黒酢やリンゴ酢、甘酢など、様々な種類のお酢がTV番組 …