アロエベラについて調べてみました

Uncategorized

アロエベラはとても健康によいとされています。原産地はアフリカやアラビア、そして地中海だといわれています。「ベラ」はラテン語で「真実」という意味みたいです。なぜか、自分のうちにも何鉢か植えてあり、なんとか健康に生かしてみたいと思っています。

アロエの歴史は、なんと4000年ほど前にさかのぼります。エジプトではミイラの棺の中から発見さえたパピルスに記述されているみたいです。マケドニア帝国のアレキサンダー大王は兵士の傷の治療や健康維持のためにアロエを栽培させていたといいますし、クレオパトラはエジプトの乾燥した気候から肌を守るために使用していたということです。

そのほか世界中の国で栽培され、日本では「医者いらず」と呼ばれるほどでした。アロエベラは世界中で愛されていたのは、そのたくさんの有用性にあります。

インドでは便秘、疝痛、寄生虫、感染症、漢方では心菌症、高血圧、2型糖尿病、生薬として使われています。ほかにも化粧品、医薬品、食品として広く用いられているのです。

アロエベラの栄養素としてはビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素類で、アロエ特有の成分、アロイン、アロエエモジン、アロエマンナン、アロエウルシンといった成分があります。その数、実に200種類といわれています。

これほどの多くの成分が含まれているのは、乾燥した激しい生育環境で身を守るためだといわれています。アロエベラの体に対する効能はたくさんあります。

そのうちのひとつにアロエベラの多糖体が体に入ることで、膝や股関節の潤滑剤として働くことです。変形性関節症に効果が高く、免疫を調節する作用もあり、慢性関節リウマチにも治療効果が期待できます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Uncategorized
蜂蜜と生姜のドリンクで季節を通して風邪を引かない体を作る

冬に限らず、季節の変わり目や体質によって風邪を引きやすい方は多いのではないでしょうか。 仕事の納期が …

Uncategorized
めざせ!冷え性改善!のために行っていること

冬になると特に筋肉量の少ない女性は、冷え性に悩まされている人が多いと思います。 しかし寒くて、家にひ …

Uncategorized
米酢で健康生活♪激痛といわれる腎臓結石を防げ!

健康に良いとされ、何かと注目を浴びているお酢。 黒酢やリンゴ酢、甘酢など、様々な種類のお酢がTV番組 …